当サイト管理人のPROFILE・お問い合わせはこちら

自粛疲れとコロナ慣れしている今だからこそ近未来の仕事をポジティブに考える

近未来仕事論

海外のニュースやSNSでは、本当にこれ現実世界なの?ゾンビ映画の撮影現場じゃね?と閑散とした恐ろしい風景や現場で戦っている医師の皆様の声が伝えられています。

では日本では、、、

一人一人のモラルが問われている気がします。

自粛疲れとコロナ慣れしている今だからこそポジティブに考える

ぶっちゃけ、皆様コロナ慣れしてきた感ありませんか?

真逆の意見が飛び交う医療情報やどう考えても今じゃないとんでも法案、オリンピックの責任を誰が取るかのババ抜きゲームの延長戦で錯綜する中、、、

 

あれ?なんか案外大丈夫そうじゃない?手洗いしとけばそんなに怖くなくね?

コロナウイルスに慣れてきた感ありませんか?

 

もしウイルスにかかったら100%死亡するという報道があっても、国が強制しなければ、案外大丈夫だと思ってしまい普通に生活してしまいそうな感覚。

 

コロナの陽性反応だと発言し、フィリピンパブでウイルスを撒き散らすおじさん。

コロナチャレンジだと、ドアノブを舐める様子を撮影し発信する海外のSNS。

 

完全にウイルスが人間のモラルや決断力を試している気がします。

 

ではそんな中人類は何をしたらいいのか?

コロナ慣れはやばいです。ただ自粛疲れはもっとやばい。

仕事環境や収入源、今後の未来の予想がつかない状態で、ずっと家に引きこもってボーッとしてると病みます。

自粛病みでメンタルや免疫力落ちた状態は避けたい。

 

では何をするべきなのか?

僕は圧倒的自粛だと思っています。

誰かから強制されたとかではなく、、、

自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと。

ポジティブに考えるなら、今までずっと走り続けてきた人も、一休みして色々考えることができます。

過去の経験、そして今から自分は何をするべきなのか?を。

自分は何の仕事をする?近未来の仕事を考えよう!

確実に価値観が変わろうとしています。

1900年代から2000年代の100年単位の革命。

いやっ、1000年代と2000年代の1000年単位の大革命が今行われようとしています。

 

5Gから始まる圧倒的モビリティサービス。

労働時間や最低賃金の調整では済まされない、本当の働き方改革です。

 

しかし、終身雇用の崩壊や昔ながらのシステムの終了を突きつけられてもそこから動けない大人達。

子供の時から洗脳されてきたのだからしょうがないのですが、完全に決断しないといけない時期にきました。

 

何からしたらいいかわからない。

 

3月31日のトークライブ終了後。

皆様に投げかけます。考えてます。

大丈夫です!一緒に近未来に向き合っていきましょう。

もしよければオンラインですので、自宅からでもトークライブご参加下さいませ。

タイトルとURLをコピーしました